真珠とは・What is Pearl?

真珠(Pearl)とはから採れる宝石の一種である。6月誕生石である。石言葉は「健康・富・長寿・清潔・素直」など。

______________________________________

真珠は貝の体内で生成される宝石である。生体鉱物バイオミネラル)と呼ばれる。

Japanese akoya cultured pearls are pictured at Ohata pearl industry, a pearl processor, in Ise, western Japan, May 27, 2009. Japan's akoya pearl industry, which began in the 1890s when Kokichi Mikimoto created the world's first cultured pearls, is facing collapse due to plunging sales and stiff competition from China. REUTERS/Yuriko Nakao

貝殻成分を分泌する外套膜が、貝の体内に偶然に入りこむことで天然真珠が生成される。つまり成分は貝殻と等しい。貝殻を作る軟体動物であれば真珠を生成する可能性がある。

小石や寄生虫などの異物が貝の体内に侵入したときに、外套膜が一緒にはいり、結果、真珠が生成される。そのため、異物の侵入が真珠の成因だとする説が一般的であったがこれは誤りである。

外套膜は細胞分裂して袋状になり、真珠を生成する真珠袋をつくる。その中でカルシウムの結晶(アラレ石)と有機質(主にタンパク質コンキオリン)が交互に積層した結果真珠層が形成されて、真珠ができる。この有機質とアラレ石の薄層構造が干渉色を生み出し、真珠特有の虹色(オリエント効果)が生じる。真珠層の構造や色素の含有量などによって真珠の色・照りが決まる。

日本の養殖真珠の発明とは、球体に削った核を、アコヤガイの体内に外套膜と一緒に挿入し、真珠層を形成させる、というものである。

巻き貝から生成されるコンク真珠やメロ真珠は真珠層を持っていない。従って、上記の真珠と区別されることがある。

真珠の重量の計量単位には、養殖真珠の産業化に成功したのが日本であったことから日本の尺貫法の単位である(3.75グラム)や(3.75キログラム)が用いられるが、グラム、カラット(200ミリグラム)やグレーン(通常は正確に64.798 91ミリグラムだが、真珠の計量については50ミリグラム)も用いられる。真珠の大きさの単位はミリメートルであるが、真珠のネックレスの長さは業者間の取引では主にインチが使われている。

冠婚葬祭のいずれの場面でも使える便利な装飾品であるが、炭酸カルシウムが成分であるため、汗が付いたまま放置すると真珠特有の光沢が失われるので、使用後に柔らかい布で拭くなどの手入れが大切である。

 

ー Info from Wikipediaー